製品についてご質問・お問い合わせはこちらお問い合わせ

製品紹介

歴史が誇る伝統と品質

~オーガニック練朱肉の開発に至り~

仏教の伝来とともに渡来し奈良朝時代官印の使用が始まり、明治6年7月の太政官布告に従う“著名捺印をもって証とする”印鑑条令の発令によってその必要性が決定付けられた日本の印章文化。
しかし印肉・印章商品は高価な商品であったため、日本中に行き届くには時間がかかりました。明治27年、印刷局勤務竹下技師の研究により生産された朱により、一般官庁に朱肉が行き届き、その後明治40年頃から各地に印章専門業者が現れるようになりました。
弊社は、印章が今日の一般民衆文化へと発展してゆく礎となったこの時代、明治38年より100余年の営みをもつ朱肉メーカーです。
モリヤマ「日光印」の朱肉は創業100年を超える経験と研究によって生み出した、最古の歴史と最高の品質を誇り、皆様方からの厚い信頼をいただいております。
使い込むほどに、その趣を深める色彩鮮やかで、優雅な自然色の美しさは、季節を知る日本の心を限りなく伝える逸品です。

2012年には新たに、自然環境に害を与えることがない有機顔料だけを原料としたオーガニック練朱肉を開発、従来の無機顔料から有機顔料の使用へと移行いたしました(鉛、水銀、カドミウムなどの重金属は一切含まれていません)。 あらゆる産業分野で環境への配慮が必須である今、練朱肉も例外ではありません。例えば無機顔料のひとつである銀朱朱肉は毒性問題をクリア出来ません。

モリヤマでは長年にわたる研究により、鮮明で深みのある色が出にくく、耐光性に欠けるという有機顔料の欠点を克服し、製品化に成功しました。

練り朱肉の色彩比較はこちら >>

高級練り朱肉(もぐさ)
高級練り朱肉(典具帖紙)
容器
速乾朱肉・スタンプ台など
各種補充液
ハンコその他
落としモルト

モリヤマ日光印のオーガニック練朱肉が以下のアーティストやブランド製品に使用されております。
※+d並びになにがし製品は弊社からの販売はいたしておりません。